任天堂

新型 スイッチ(有機ELモデル)の保護シートは任天堂純正を貼るべし

ゲーム機やスマホを新しく買った際、一緒に保護シートを買う方も多いと思います。

今回は新型ニンテンドースイッチである有機ELモデルの保護シートについてですが、ネットショップで「スイッチ 保護シート」と調べるとたくさん商品が出てきます。

値段も安いものからそれなりにするものまで幅広くあり、説明を読んでも全部良さそうな事が書いてあります。

  • ブルーライトがカットされるため眼に負担がかからない
  • フィルムを貼る際に気泡が入りづらい
  • 衝撃に強くキズがつきにくい。

のような特徴が多いですかね。

これ、正直どれ買ったらいいか迷いませんか?

正直な話、どれを買っても大きく失敗することはない気がします。

スマホやタブレットが普及し多くの人が保護フィルムを使うようになり技術も向上してますからね。

それでもたくさん種類があると迷いますよね・・・

そこで選ぶのも考えるのもめんどくさい、という方に一つ提案です。

何も考えずスイッチの保護シートは任天堂純正のものにしちゃいませんか?

スイッチを作っているメーカの純正、しかも品質には絶対的な安心感がある任天堂製となったらまあ間違いありません。

しかし、残念なことに任天堂は保護フィルムを発売していないのです。

実は保護フィルム単体では発売していないのですが、スイッチ本体を外出時に収納するためのキャリングケースを買うと保護フィルムがセットで付いてくるんです。

どの保護シートを買えば良いのか迷ったらとりあえずこれを買ってしまうことをおすすめします。

ということで、ここでは任天堂純正のスイッチのキャリングケースについてくる保護シート(とおまけでキャリングケースついても少し)について書いてみたいと思います。

それでは行ってみましょう!

任天堂純正のスイッチ保護シート(保護フィルム)とは

最初にも書きましたが、任天堂純正の保護シートはそれ単体では販売されていません。

正式な商品名「Nintendo Switchキャリングケース(画面保護シート付き)」というスイッチを外出する際に収納するためのケースの付属品として付いてきます。

こちらですね。

created by Rinker
任天堂
¥2,178
(2021/10/19 12:17:23時点 Amazon調べ-詳細)

このスイッチ用「キャリングケース」は初代スイッチ発売時から一緒に売られています。

画面保護シートはおまけのような扱いですが、これはケースにしまって持ち運んだ際になかで擦れて画面に傷がつかないようために付属されてるのかもしれません。

この「Nintendo Switchキャリングケース(画面保護シート付き)」にはこれが同梱されています。

・キャリングケース 1つ

・画面保護シート(保護フィルム)2枚

以前は保護シートは1枚だけだったのですが、新型有機ELモデルの発売とともに2枚に増えています。

従来のモデルと有機ELモデルは本体のサイズこそほぼ同じですが、画面のサイズが異なります。

そのためどちらの本体にも使えるように保護シートが2種類付属されるようになりました。

またキャリングケースも少し変わっておりジップの形が大きくなって掴みやすくなっています。

保護シートの特徴

ではこの保護シートはどのような特徴があるかというと、これは従来品のケースに書かれている特徴をそのまま以下に書いてみます。

純正保護シートの特徴
  • 指紋・皮脂汚れもサッとひと拭き
  • なめらかな指ざわり
  • 気泡残りを軽減

これらの特徴は他のメーカから発売されている保護シートと比べると、ブルーライトカット機能はない、耐久性も特別強くはないと予想されます。そういった機能があれば書いてありますからね。

実は私はスイッチを発売日に購入し一緒にキャリングケースも買い、約4年半この保護シートを使っていますが、不満を感じたことは一度もありません。

任天堂純正の保護シートこういった人にオススメ

  • 保護シートは必要最低限のものでOK
  • 色々調べたり考えたりするのがめんどくさい
  • 保護シートと一緒にケースも買おうと考えている
  • 本体を買ったらすぐに遊びたい人

とりあえず一般的な保護シートで良いという人はこれで充分です。

保護シートって開封してすぐに貼り付けるものですよね。触ったあとに貼るとホコリや指紋がついてしまい見た目が悪くなってしまいます。

だからゲームを始める前に貼らないといけないわけです。

ということはどの保護シートにしようか迷っているとそれだけゲームを遊ぶのが遅くなってしまうんですよね。

あまり保護シートにかける時間は短くしてすぐにゲームで遊ぶのがいいと思います。

また、保護シートだけでなくケースも欲しいなと考えてる人には

これだけ買えば済んでしまうわけですし、かなりお得だと思います。

ケースは見た目もいいですね。白と黒のモノトーンで大人が持っていても違和感がありません。

これまでで一番大人っぽいデザインだと思います。

任天堂純正の保護シートこういった人は買うのを控えましょう

  • ブルーライトカット機能がほしい
  • 耐久性にすぐれたシートがほしい
  • 失敗しても貼り直せるように複数枚ほしい

この保護シートは必要最低限の機能しかありません。ですから上記のような特別な機能を求めている方は素直に他社製の保護シートを買われることをお勧めします。

他社製を選ぶ際、「任天堂ライセンス商品」と書かれている任天堂お墨付きの商品を選ぶとより失敗する確率は下がります。

ブルーライトカットや、耐久性に優れた保護シートは以下ようなものがあります。

キャリングケースも有機ELモデルを買う人には必須

従来品を使用しての感想になりますが、このケースもかなりお勧めです。

しっかり本体を守ってくれるのは当たり前として、

本体がピッタリ入るサイズにもかかわらず、ゲームカードやJoy-Conを入れるポケットが付いているだけでなく、本体をたてかけるスタンドとしても使えると、機能性も抜群なんですよね。

正直、純正でここまで良いものを出されてしまったら他のメーカのケースが売れなくなるんじゃないかと心配になるほどです。

それくらいオススメです。

有機ELモデルはその名前の通り有機ELディスプレイが売りですから、携帯モードで遊ばれる割合が多くなると予想できます。

そのため、この保護シート、キャリアケースは必須のアイテムです。

created by Rinker
任天堂
¥2,178
(2021/10/19 12:17:23時点 Amazon調べ-詳細)

まとめです

今回は新型スイッチ有機ELモデル用の保護シートを紹介しました。

ゲーム機は買って開封したらすぐに遊びたいですよね。

保護シート選びはサッと終わらせて遊んじゃいましょう。

ゲームで遊んでいる間ってそんなに保護フィルムのこと考えませんし。気にするのは買って最初に貼り付ける時だけです。

必要最低限のこの任天堂純正の保護シートを貼って楽しいスイッチライフを過ごしましょう。

おしまい。

 

スイッチを買う際、保護シート、ケースの次に必要なのはSDカードです。

新型の有機ELモデルは本体内の容量が増えていますがそれでも64GBしかありません。128GBのカードを1枚挿しておくだけでかなり余裕がでるのでお勧めです。